犬の病気

代表的な疾患とそのサイン

「胃腸炎」
食べ物を戻す、便の様子が普段と比べて緩かったり下痢をしたりする。
「外耳炎」
頻繁に耳をかいたり頭を振ったりする、耳の臭いや汚れが目立つ、耳が赤い。
「皮膚病」
皮膚が赤い、湿疹・カサブタがある、痒がる、毛が抜ける。
「歯周病」
口が臭い、歯の色が茶色い、頬が腫れる。
「心臓病」
呼吸が荒い、咳をする、動きたがらない。
「関節炎」
歩くのが遅くなった、時々手や足を挙げている、体をさわると痛がる。

診察方法

飼い主さまからのお話を伺うとともに、触診によって全身をチェックしていきます。犬の場合、毛並みやツヤの有無も重要な情報になります。また、ちょっとした「できもの」でも、がんの可能性を疑った方がいいでしょう。これらの所見を詳しくご説明しますので、最適な治療計画を一緒に考えていきましょう。

当院からのアドバイス

注意したいのは、病気に気付かないケースです。お散歩などの機会を利用して、同じ犬種と比較してみてはいかがでしょうか。肥満気味であれば、体調管理やフードのアドバイスをいたします。毛並みの状態などに違いがあったら、「我が子の個性」と考えず、気軽にお声がけください。

  • クリニックブログ
  • 症例ブログ
  • クレジットカードご利用可能
Tel:048-973-7178